沿革(菱光社歴)

菱光社の歴史は昭和22年に始まります。以前三菱重工業に勤務しておりました亡き創業者小倉武夫が、昭和22年重工をスピンアウトし重工の販売店としてスタートしたのが菱光社です。

設立当初は重工が製造しておりました発電機、自転車等を露天で販売を致しておりました。昭和20年代半ば、日本光学工業(現株式会社ニコン)に勤務しておりました創業者の弟より、ニコンが開発に成功した投影機一型の販売店を探している情報を得、早速代理店となりました。これがきっかけとなり光学、精密測定機器分野にドップリと漬かる事になりました。

昭和25年
株式会社に改組し光学機器専門商社へ方向転換
名古屋営業所開設
26年
昭和天皇にニコン万能投影機を献上
32年
東海村日本原子力研究所第一号原子炉に燃料棒の検査機、
冷却水の放射能測定器を納入
34年
技術部を創設して精密機器の設計・開発に着手
35年
水戸営業所を開設
39年
月間技術情報誌『菱光技報』創刊
40年
大阪営業所開設
43年
現『光ナノテクフェア』の前身である光学測定機器展『菱光展』を
日本で初めて開催
44年
卸部門を分離独立させ、菱光商事株式会社設立
49年
貿易部を設立し、精密機器の輸出入を開始
諏訪営業所開設
53年
大宮営業所開設
56年
大田区上池台に配送センター完成
57年
仙台営業所開設
平成 3年
滋賀営業所開設
5年
流通部門を分離独立させ、菱光ロジテム株式会社設立
8年
菱光社タイランド現地法人設立(Ryokosha(Thailand)Co.,Ltd.)
10年
本社を菱光社発祥の地、日本橋茅場町に移転
11年
山陰出張所開設
12年
大阪営業所 業務拡張のため移転
13年
本社、東京営業所、神奈川営業所、営業技術部を日本橋茅場町に移転集結
株式会社菱光社九州を設立
14年
東京営業所と神奈川営業所を統合し、東京営業部を開設
東京営業所は営業第1課に、神奈川営業所は営業第2課に名称変更
15年
菱光社九州 鹿児島営業所を開設
17年
東京営業部 営業第1課と東京営業部 営業第2課を統合し、東京営業部に名称変更
技術サポート課と機器開発課を統合し、営業技術本部を開設
台湾UTECHZONE社と共同出資で株式会社UTJを設立
18年
本社を勝どきへ移転
東京・名古屋・大阪にショールームを開設
20年
台湾菱光社有限公司 現地法人設立
21年
ベトナム駐在事務所開設
22年
西東京営業所移転
東京営業部・西東京営業所・大宮営業所を統合し、本社営業部を開設
23年
上海駐在事務所開設
菱光社ベトナム現地法人設立(Ryokosha(Vietnam)Co.,Ltd.)
福岡出張所開設
24年
金沢出張所開設
本社を豊洲へ移転
26年
熊本出張所開設
29年
深圳菱光社貿易有限公司 現地法人設立
熊本出張所を熊本市中央区へ移転