Precision apparatus special trading company 
 
TOPへ | 製品紹介 | 企画設計 | 採用情報 | 企業概要 | お問合わせ

複屈折測定
2次元複屈折評価装置 PA-200外観
ワイドレンジ型2次元複屈折評価装置 WPA-200外観
偏光イメージングカメラ PI-110外観
PA-200
2次元複屈折評価装置
WPA-200
ワイドレンジ型 2次元複屈折評価装置
PI-110
偏光イメージングカメラ
【特徴】
独自技術のフォトニック結晶を用いて面内複屈折分布を高速に測定
◎低位相差向け:位相差評価レンジ <130nm
【特徴】
PA-200同様に独自フォトニック結晶を用いる事に加えて、3波長の偏光解析を搭載する事で高位相差レンジ評価を可能としました。  
◎低〜高位相差向け:位相差評価レンジ <1000nm
【特徴】
偏光画像のリアルタイムな動画観察が出来ます。
【用途】
透明体材料
レンズ、光学材料、光学フィルム、石英、サファイア、化合物ウエハ、UV硬化接着剤内部の歪み
【用途】
透明体材料
レンズ、光学材料、光学フィルム、石英、サファイア、化合物ウエハ、UV硬化接着剤内部の歪み
【用途】
レーザの偏光プロファイル観察、透明体の歪み観察、細胞観察、肌表面観察、セキュリティー

顕微鏡型2次元複屈折評価装置 PA-micro外観
顕微鏡型ワイドレンジ2次元複屈折評価装置 WPA-micro外観
PA/WPAシリーズの測定事例
PA-micro 顕微鏡型
2次元複屈折評価装置
WPA-micro  顕微鏡型ワイドレンジ
2次元複屈折評価装置
【特徴】
PA-200の顕微鏡タイプとなります。
顕微鏡視野でのサンプルに対して、低倍から高倍の対物レンズを用いることで微小エリアでの二次元複屈折評価を可能としました。
◎低位相差向け:位相差評価レンジ <130nm
【特徴】
WPA-200の顕微鏡タイプとなります。
新機能として反射偏光観察機能や観察時のリアルタイム偏光画像モニタリングにより評価位置の設定が容易になっております。
◎低〜高位相差向け:位相差評価レンジ <1000nm
【用途】
透明体材料
光ファイバーやフィルム断面などの位相差分布、コネクター、高分子球晶、偏光顕微ツールとしてもご活用出来ます。
【用途】
透明体材料
光ファイバーやフィルム断面などの位相差分布、コネクター、高分子球晶、偏光顕微ツールとしてもご活用出来ます。

Copyright (c) 2016 Ryokosha Corporation. All Rights Reserved.