Precision apparatus special trading company 
 
TOPへ | 製品紹介 | 企画設計 | 採用情報 | 企業概要 | お問合わせ
LEXTトップへ LEXT特徴 LEXT仕様

 
レーザ光源

 
レーザ顕微鏡では光源にレーザを用います。レーザは特定の波長を持ち直進性に優れているので、強い光を一点に集中させることができます。また一般的に、波長が短いレーザほど高い分解能が得られます。

 
 
コンフォーカル光学系

 
コンフォーカル光学系では、合焦位置と光学的に共役な位置(共焦点面)にピンホールを設けることで、合焦位置以外からの余分な光をカットしています。試料上の焦点が合った部分のみがピンホールを通過し、検出されるので、ピンボケやフレアのないクリアな画像が得られます。
オリンパスではコンフォーカル効果を最大限に引き出すために最適化された円形ピンホールを採用し、さらに解像力を向上させています。また受光部にはフォトマルチプライヤを採用。微弱光まで検出可能となり低反射率のサンプルでも観察が可能で、S/N比も向上します。

 
 
スキャンニング

 
通常の顕微鏡はコンデンサレンズからの光が試料面を一様に照明するため、試料の各部で散乱した光がフレアとして重なり像の劣化の原因となっています。共焦点レーザ顕微鏡では、微小なスポット光をマイクロミラーでXYに走査し、合焦面のみの像を表示するために、フレアのないコントラストの高い画像が得られます。

 
 
エクステンドフォーカス

 
共焦点光学系では焦点深度の浅い1枚の断層画像で表現されるため、合焦位置を上下させZ方向の異なる画像を積層させることで、全面にピントがあったクリアな画像、焦点深度の深い画像を得ることができます。

 
LEXTのTOPページへ 次のページへ

 
株式会社菱光社
Copyright (c) 2005 Ryokosha Corporation. All Rights Reserved.